Help Center 1 (833) 269-3375

リモートアクセスでスリープモードのデバイスをWake Up

利用可能:

ビジネストライアルを開始

時間とエネルギーの節約

自宅での作業中に貴重なリソースを節約できます。AnyDeskのウェイク・オン・ラン機能を使って、リモート接続のためにデバイスをスリープモードからオンにすることができます。

省エネ

デバイスをいつまでも動かし続けるのはやめましょう。デバイスをスリープモードにしておけば、いつでもアクセスできるので省エネになります。電源をオンにしたいデバイスのAnyDesk設定でウェイク・オン・ラン機能を有効にするだけです。

時間の節約

同僚に迷惑をかけたり、パソコンの電源を入れてもらう必要はありません。ウェイク・オン・ランを使えば、同じネットワーク内にあってオンラインになっている他のデバイス、ガードによってデバイスが自動的に「電源がオン」になります。

いつでも利用可能

どこにいても、何をしていても、スリープモードになっているデバイスに接続し、[電源オン]をクリックします。すると、「マジックパケット」と呼ばれるパケットがリモートデバイスに送信され、スリープモードを解除するきっかけとなります。いつでもシームレスなリモートアクセスが楽しめます。

あなたのニーズに最適

在宅勤務

高性能なPCはオフィスに置いておき、自宅ではノートPCのみで接続できます。PCの電源をずっと入れておく必要はありません。リモートでデバイスを起動するだけで、時間とエネルギーを節約できます。

リモートメンテナンス

ITサービス担当者としては、スリープモードであっても、遠くからデバイスにアクセスすることが重要です。メンテナンスは、誰もPCの前にいないときに行われることが多いのですが、心配はいりません!Wake-on-LANを使えば、デバイスへのアクセスやメンテナンスを常にコントロールすることができます。

IoT

あらゆるものが常につながっています。強力なマシンを簡単にリモートコントロールしたり、リモートアクセスを使って独自のIoTを構築することができます。スリープモードのデバイスでさえも、妨げるものは何もありません。

チュートリアル:AnyDeskの概要

AnyDeskの魅力をご紹介します。

チュートリアル:AnyDeskの概要

さらにご紹介

Woman gives support with laptop

Help Center

Help Centerでは、ウェイク・オン・ランの技術的な詳細について紹介しています。

AnyDesk Android-Version

ブログ:モバイルデバイス管理

ウェイク・オン・ランは、モバイルデバイス管理にとって、より有用な機能です。

Spidercam GmbH

使用事例:Spidercam

スポーツイベントでSpidercamがどのように信頼性の高いカメラパフォーマンスを提供しているかをご覧ください。

ニュースやヒントなどの情報をお届けします